web用.jpg

【東北以北初!陰ヨガ講師養成65時間プログラム5月開催】
*English below

世界中ですぐに参加者申し込みが定員となる、
陰ヨガ正式シニアトレーナーによる
講師育成プログラムが北海道で初開催!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

陰ヨガとは…
ひとつのアサナ(ヨガのポーズ)を深い呼吸とともに、通常3分から5分間ゆっくりとホールドする ヨガです。
体のめぐりを感じながら、心も緩ませ、リラックス効果が高まるヨガとして世界中で実践者が増えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【JoPheeについて】
陰ヨガ指導者の正式シニアトレーナーであるJoPheeは、世界50以上の地域で陰ヨガの指導者を育成するトップシニアトレーナーです。
道教信者である両親から幼少期より中医学のみを使って育てられたジョーは、Singapore College of TCM、the Academy of TCMにて中医学について勉強。
彼女の研究で最初に注目したのは中医学システムであり、その理論についてジョーはいくつもの研究所で学びました。
また、ジョーはアメリカ人の鍼療法師、スーザン・シュトゥンプ博士による中医学のコースも修了。ヨガ・ニードラのリラクゼーションの実践を広めたとして有名なBihar School of Yoga (Satyananda Yoga Academy) では3年間の講師の学位を取得しています。彼女の中医学システムの知識と興味が刺激となり、"経絡ニードラ"の実践は発展していきました。
なお"経絡ニードラ"とは、"経路クロック"と"ヨガ・ニードラ"の実践が融合したものです。
また、ジョーは"経絡チャント"、"Guasha"トリートメント、"経路マッサージ"を陰ヨガトレーニングプログラムに最初に取り入れた人物でもあります。
ジョーは、機能的解剖学と筋膜研究のため、死体解剖に毎年参加しています。筋膜リリースセラピートレーニングをアメリカで取得し、
アメリカおよびヨーロッパの有名な筋膜分野における先駆者や研究者と調査をしてきた実績もあります。
筋膜の世界トップクラスの研究所の一つである、ドイツのUlm Universityに通い、全ての筋膜の専門家や研究者が参加する第4回International Fascia Research Congressにも参加。
また、Fascia Research Societyの創設メンバーでもあり、定期的に筋膜研究の最新情報を得ています。ジョーの指導は、
西洋解剖学の科学と東洋医学および哲学が融合し、交じり合っているものです。
彼女はシンガポールに住んでいますが、ほとんどの時間は世界を旅して陰ヨガティーチャートレーニングプログラムを開催しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界トップクラスの指導を北海道で受けることのできるまたとないチャンスです。
もちろん、北海道での陰ヨガ公式シニアトレーナーによる講師育成は初となります。参加資格は特に設けていません。
*陰ヨガ講師を目指す方
*中医学に関心がある方
*ヨガ解剖学を深めたい方
*自身の陰ヨガを深めたい方
に受講をおすすめいたします。
今回のTTを通して、一人でも多くの皆さんがご自身とより深く向き合い、またご自身の指導を深めるきっかけとなりますように。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◼︎陰ヨガティーチャートレーニング 65時間
 〜中医学、経絡ニドラ&骨盤解剖学〜

◼︎講師:Jo Phee ジョー・フィー
Senior Assistant to Paul Grilley &Sarah Powers
(陰ヨガ創始者であるポールとサラが推薦する正式シニアトレーナーです)

◼︎日時:2017年5月18日〜24日
    9:00〜18:30(途中1時間半の休憩があります)

◼︎料金:¥180,000(税込)*通訳、テキスト付き

◼︎会場:OYOYO MACHI×ART CENTER SAPPORO
(札幌市中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル6F)
*会場は変更になる場合があります。

◼︎申し込み:下記申し込みフォームよりお願いいたします
http://form.os7.biz/f/81d608de/
*受付確認メールが送られてこない場合は
お手数ですがinfo@andyoga.jpまで
メールの上お申し込みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜Training Topics内容〜
・ 陰ヨガの理論と実践
・ 中国伝統医学(TCM)の基礎
・ TCM診断学
・ 陰陽哲学
・ Qi理論
・ 鍼術における経絡理論
・ 中医学でQiバランスを取るために
・ 経絡の流れと経絡時計
・ 手と足の経絡ポイント
・ 内臓の健康のための経絡
・ 経絡と感情
・ 経絡ニドラ
・ かっさと経絡マッサージ
・ TCMライフスタイルとダイエット
・ 五行説
・ ヨガ解剖学(骨盤)
・ 姿勢の分析(骨盤)
・ シークエンス作りと指導方法論

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

YIN YOGA TEACHER TRAINING in Sapporo, Japan
~Chinese Medicine, Meridian Nidra &Hip Anatomy

————————————————————————————————————————

Dates: 18-24 May 2017 Sapporo, Japan
Schedule: 9:00am – 6:30pm
     *8hours training / 1.5hours break
Location: OYOYO MACHI×ART CENTER SAPPORO
     Dai2 Mitaini Bld.6F, S1-W6, Chuo-ku, Sapporo
Nanboku Subway Line, Tozai Subway Line and
Toho Subway Line [Odori] Station Exit1 2miuntes walk
*map https://goo.gl/maps/VtFsx8V5NJE2
Certificate: 65hours Yin Yoga teacher training Certificate
Tuition: 180,000 yen
Application: mail to info@andyoga.jp

————————————————————————————————————————

Training Topics:
-Yin Yoga: Theory and Practice
-Fundamentals of Chinese Medicine (TCM)
-TCM Diagnostics
-Yin Yang Philosophy
-Theory of Qi
-Acupuncture Meridian Theory
-Balancing Qi in the Meridians
-Meridian Pathways & Meridian Clock
-Hand and Foot Meridian Points
-Meridians Organ Health
-Meridians and the Emotions
-Meridian Nidra
-Guasha & Meridian Massage
-TCM Lifestyle and Diet
-The Five Element Theory
-Anatomy of Yoga(Hip)
-Posture Analysis Lab(Hip)
-Sequencing & Teaching Methodology

————————————————————————————————————————

Trainer:
With a background in Chinese Medicine, Functional Anatomy,
Fascia Study and Myofascial Release, Jo is a senior Yin Yoga
Teacher Trainer apprenticed under Paul Grilley and Sarah Powers
for more than a decade.
A long time student and teaching assistant for both Paul and Sarah,
Jo has spent over 2000 hours of mentorship with them.
She has taught 10,000+hours of public Yin classes over the past decade
and has conducted over 50 Yin Yoga teacher trainings around the
world.
This Yin Yoga Teacher Training program is endorsed by both
Paul and Sarah.
Visit www.yinspiration.org for her full schedule.


開催中・今後開催予定のワークショップはFacebookページ、
またはwebサイト「YOGA ROOM」にて公開しております。

facebook_rogo_56px.png    banner_yr_88x56.gif



ヨガ教室、ベーシック養成、イベント派遣のご予約・ご質問等は、こちらからお願い致します。